自動化厨のプログラミングメモブログ│CODE-LIFE

Python/ExcelVBA/JavaScript/Raspberry Piなどで色んなことを自動化

いつのまにかAmazon Driveのプランが1TBになり13800円請求されていた話

現在マネーフォワードを使って家計簿管理をしているmaruです。 いつものように利用履歴を確認していると見慣れないクレジットカード利用履歴を発見。

JCB海外利用 AMAZON SERVICES INTE -13,800

海外利用・・・?しかもそこそこ高額・・・!? びっくりしていろいろ調べていたところ記事タイトルに行き着きました。

Amazon Driveは容量超過していると自動でプランアップ

JCB海外利用 AMAZON SERVICES INTE の内訳はAmazon Driveの1TBプランでした。

そんなの契約した憶えないんですけど・・・。

というか写真の保管は容量無制限のはずでは・・・?

写真以外は容量カウントされる

プライム・フォトはプライム会員なら無制限に写真を保存できるからと安心していたところ、動画やRAWファイルはその対象外のため容量がカウントされており自動的にサブスクリプション契約となっていたようだ。

ちなみにプライム会員が追加料金なしで使える容量は5GBまで。

これを知らないうちに動画で消費していたようです。

2ヶ月以内の解約なら全額返金

1TBも絶対使わないのでなんとか返金してもらえないか調べてみたところAmazonのヘルプページを発見。

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201376520

有料プランに移行してからでも解約すれば残った契約期間相当の金額が返金される。

さらに、最後の支払いから60日以内の解約なら全額返金されるとのこと。

Amazon Drive → ストレージの管理 からプランを解約すれば返金が開始されました。

絶対1TBなんて使わないしめっちゃ焦りましたがなんとか全額返ってくるようなので一安心です。

バックアップの設定を見直してというかPCからAmazon Driveをアンインストールしました。

1TBはOffice 365 SoloについてくるOneDriveの分で十分ですねー。